ウルウ誰も知らなかった効果を上げる使い方【マル秘テクニック】

赤ら顔の悩みを和らげるウルウ!

 

ウルウの使い方間違っていませんか?

 

そんなウルウの効果をより上げる使い方があります。

 

基本の使い方からマル秘テクニックの使い方をご紹介します。

 

 

ウルウ基本的な使い方

 

ウルウ基本の使い方

 

使用前に軽く振る

スクワラン層とセラミド層に分かれていることがあるので、使用前に軽く振り馴染ませることから始めます。

 

手のひらに少量

使用料は手のひらに100円玉ほどを出し、両手にのばします。

 

頬から順番に浸透させる

乾燥しやすい頬から順番に顔全体に馴染ませていきます。この時、手のひらで押しこむように馴染ませるのがポイントです。

 

大事なのは重ね塗り

頬など気になる箇所には重ねぬりを実施します。目安は2回ですが、浸透しやすい部分は乾燥しているサインなので重点的に浸透させましょう。

 

朝と夜の1日2回使用

ウルウは1日2回の使用が推奨されています。1日の中で最も乾燥しやすい朝と夜にウルウを使いましょう。

 

 

こんなの当たり前!

 

そう思って頂けた方につづきを読んでほしかったのです。

 

 

ウルウ使い方【マル秘テクニック編】

 

ウルウ使い方 裏ワザ

 

ウルウの基本的な使い方はよく理解されていると思います。ココからはより効果を上げる使い方をご紹介します。

 

まずウルウを使う前にやらなければイケないことがあります。

 

それは顔の血行促進なんです。

 

いくら乾燥しているところに保湿しても根本的な原因には結びつきません。

 

血行促進といえばマッサージ?などを想像しがちですが、赤ら顔には顔マッサージは厳禁です!

 

赤ら顔に悩む多くの方は、顔の皮膚が薄くそのため毛細血管が透けて見える特徴があります。そんな薄い皮膚に刺激を与えることは悪化させているようなものです。

 

皮膚に刺激を与えず血行促進する方法は、ホットタオルを使うことなんです。

 

ウルウ使い方 血行促進

 

朝は洗面所、夜は浴室で使うだけ!簡単に血行促進ができます。

 

1、お湯で温めたタオルで顔全体を覆います。(約10秒)

 

2、次に冷水をタオルに染み込ませ顔全体を覆います。(約10秒)

 

3、これを夜は3セット、朝は2セット繰り返すだけで血行促進効果があります。

 

顔の血行が良くなると赤ら顔だけではなく、目元のクマ改善、シワやたるみ若返り効果もあると言われています。

 

ウルウ 血行アップ

 

最後にしっかりと顔の水分を拭き取り、ウルウの基本的な使い方を行います。

 

顔の水分を拭き取る際は絶対に擦らないように注意してください。

 

タオルで水滴を拭き取る時、洗顔する時はできるだけ優しく刺激を与えないことが最重要です。

 

 

ウルウ使い方のまとめ

 

ウルウ 使い方まとめ

 

赤ら顔を改善するには、フェイスタオルを使い温水と冷水の温度差で毛細血管の血行を良くします。

 

代謝が良くなったところに、『ウルウ』を使うと血管の炎症を抑え頬の赤みを軽減してくれるというワケです。

 

赤ら顔の原因である毛細血管にアプローチできるウルウだからこそ、より効果のあがる使い方をしましょう。

 

そんなウルウを検証すると、ウルウを使った98%の人がその効果に満足しています。

 

お試し定期コースは『いつでも解約自由』な点は、効果がでるか不安な方でも気軽に安心してお試しできます。

 

赤ら顔にお悩みの方は、ぜひ試してみる価値はありですょ。

 

ウルウを体験した私の赤ら顔の効果を写真付きでレビューしています。宜しければ参考にしてみて下さい。
ULU(ウルウ)化粧水は赤ら顔に効果なし?半年間使い続けた感想を暴露!